運転者の限定で安くなる自動車保険

自動車保険の保険料を決定する大きなポイントが「運転者の限定」です。
はじめて保険を契約する人にとっては、何で自分の車なのにドライバーを特定しなければならないのかという不満もあるかもしれません。
しかし、自動車の保険はドライバーを決めること以外にも多くの縛りがあるという事実を覚えておいて欲しいものです。
まずは、なぜ運転する人を決めておくことが必要なのかを説明したいと思います。

自動車の保険料が決定するには様々なことを積み重ねていくことで、被保険者に見合った補償内容と補償額が決まります。
そこに当てはめることで毎月の保険料が決定する訳です。
保険を決めるときに何もかも好条件で契約を交わせば、保険料は通常よりも高額になるものです。
しかし、自動車の保険料はもっと内容を特定することで大幅に安くなるのです。

その中でも最初に決めておくべきなのが「運転者の条件」です。
これは、保険契約する車両を誰が運転するのか、運転する人を特定しておく仕組みです。
もちろん、結婚したり子供が免許を取得した際には、保険内容を変更することができます。
まずは、大まか補償される人物を特定しておきます。どこの保険会社でも4つに分類します。

まず1つ目は「運転者限定特約なし」です。
これは被保険者だけでなく誰が運転していても構わないし、誰が事故を起こしても補償されるという内容です。
誰もがというオープン内容になっているので保険料が少し高くなるのは言うまでもありません。
2つ目は「運転者本人限定特約」です。契約を交わしている本人のみに対応してくれる補償内容となっています。

3つ目は「運転者家族限定特約」です。被保険者とその配偶者、あるいは同居する親族と同居する未成年の子を対象としています。
そして4つ目が「運転者夫婦限定特約」です。名称通りですが被保険者とその配偶者のみが補償内容の対象となります。

自動車保険はやはり誰が運転しているのかで保険料に差が生じます。
できるだけ運転者の人数を少なくすることが保険料を値下げするコツでもありますので実践してみてください。
https://xn--u8j7eobcu5919bmmcuwdlv6n050a25b5x8a.net

Article by Sherwood

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.