10万円のお金を借りるときの賢い返済方法

10万円のお金借りる時には、できるだけ早く返済をしてしまうことを意識する人が多いです。たしかに、できるだけ早く返済をしてしまうことで利息を減らせますので、賢い返済方法であると言えます。例えば、金利18%で借りているなら、30日間でおよそ7500円の利息がかかってきますので、1日でも早く返済をしたほうが利息を節約できます。

しかし、10万円のお金を借りる時に、「30日間無利息」というサービスを利用しているなら、話は違ってきます。この場合、30日間は金利がゼロとなりますので、30日間に限っては急いで返済をする必要がありません。例えば、5万円のお金が余ったとしても、すぐに返済してしまわずに、手元に残しておいたほうが良いでしょう。30日目には忘れないようにATMなどから返済するようにしましょう。

30日目に忙しくて時間が作れなくなる可能性がある場合には、28日目、29日目などに返済をしてしまったほうが安全です。5万円しか用意できない場合でも、5万円をしっかりと返済してしまいましょう。31日目からは利息がかかってくるので、少しでも多く元本を減らしておくことがポイントです。

10万円のお金を借りる場合には、銀行カードローンよりも、「30日間無利息」というサービスがある大手の消費者金融などを選んだほうがメリットがあるかもしれません。金利の低い銀行カードローンで、なおかつ無利息期間がついているところなら言うことはありません。10万円のお金を借りるときは、できるだけ早く返済してしまうことが重要ですが、無利息期間も有効活用しましょう。

Article by Sherwood

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.